近視とは

近視とは

●近視とは
近視は、外から入ってきた光が網膜の手前で焦点を結んでしまい、近くの物は良く見えるが、遠くの物が見えづらくなります。近視には、2種類の近視があり、角膜や水晶体の屈折力が強いことで起こる屈折性近視と、眼軸(目の奥行き)が伸長することで網膜の手前で焦点を結んでしまう軸性近視に分類されます。

〇焦点を合わせる仕組み
人間の目は、近くを見る時は水晶体が厚くなり、遠くを見る時は水晶体が薄くなることで、焦点を合わせていますが、この水晶体の厚さをコントロールしているのが毛様体筋という目の筋肉になります。遠くを見る時は毛様体筋がリラックスした状態で水晶体は薄くなり、近くを見る時は毛様体筋が緊張して水晶体を厚くします。人間の目は、よくカメラに例えられますが、カメラでいうレンズの役割をしているのが水晶体で、それを動かしてピントを調節しているのが毛様体筋になります。

〇屈折性近視
近くの物を長時間見続けると、それだけ毛様体筋は緊張状態が続きます。毛様体筋の緊張状態が長く続くと、筋肉が凝り固まって水晶体を動かす機能が低下します。この状態を仮性近視といいますが、この緊張状態がさらに続くと水晶体は厚くなったままの状態になります。これが屈折性近視です。屈折性近視は、凝り固まった筋肉の緊張をほぐすことで近視が回復できる可能性があります。

〇軸性近視
軸性近視は、眼軸(目の奥行き)が長くなることが原因です。目の奥行きが長くなると、外から入ってきた光は網膜よりも手前で焦点を結んでしまいます。これを軸性近視といいます。屈折性近視を放置して近くを見ることが習慣化してしまうと、近視になろうとする働きによって眼球がラグビーボールのように伸長します。これが軸性近視へと発展する原因であるといわれています。軸性近視は、遺伝的な要因が強いとされていますが、眼軸長の伸びは成長期に起こりやすい特徴があります。軸性近視は眼軸が伸びてしまったことが原因のため、視力を回復できる可能性は低くなります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です